保湿をわすれない

乾燥肌であり、敏感肌でもある赤ちゃん

赤ちゃんは乾燥肌であり、敏感肌でもあります。 夏場は汗疹の心配をしていたかと思うと、冬場はカサカサに悩まされるなど、思い当たる人も多いでしょう。大人のスキンケア以上に、乾燥・敏感肌対策に心掛けましょう。 まず必要なのは、顔や肌をこまめに拭いてあげることです。 朝起きたら、柔らかく手触りの良いタオルで顔を拭きましょう。 また、汗やよだれもそのままにせず都度拭き取り、食事後も拭いてあげるのが肝心です。 拭いた後は、保湿してあげましょう。 赤ちゃん用の保湿剤をたっぷり塗ってあげます。 とにかく、肌を拭くことと保湿はセットで行うのが肝心です。

清潔を保ち、とにかく保湿が重要

お風呂に入った後は、十分な保湿が必要です。 身体を柔らかい大き目のタオルで拭いた後、保湿剤をたっぷり付けましょう。 お風呂の入り方も重要です。 長湯は肌の乾燥を促進させてしまいますので控えて下さい。 お湯の温度も高すぎると乾燥しますので、ややぬるめの38〜39℃を保つようにしましょう。 またさらに肝心なのは、オムツ替えの後です。 オムツも赤ちゃんの肌を乾燥させますので、保湿剤をたっぷり塗ります。 おしり拭きに乳液を付けて拭くのも良いでしょう。 湿疹など肌トラブルが出ているときは、まずは優しく洗います。 その後は保湿剤を付け、あまりに酷い場合はお医者さんに見せましょう。 これ以外にも、かさついていると感じた時はこまめに保湿剤を付けて下さい。 お出かけにはベビーローションなどを持ち歩くことをお勧めします。